どんどんどん さんのケア体験

投稿日 2017年10月31日

ケア実施者
落ち着かない行動・不安・焦燥
入院中、ベッド上でもぞもぞと動き回り、不穏になる。
本人の話をよく聞いたところ、「暑い」ことに不快感を覚え、それを増強するようなものを視界からどけてほしいという訴えであることがわかったため、本人の眼前にあるクッションや毛布などを見えないところにしまいこんだ。
うまくいった
午後
病院
  • ご本人の不安感
  • 環境変化
  • その他、または詳しく記載
     [ 本人の不快感とそれを増強する刺激 ]
  • ご本人の不安を払拭できた
  • 環境の改善
1
晴れ
  • 認知症治療薬
  • その他、または詳しく記載(変更のあった薬だけ記載してください)
     [ (未入力) ]
本人の認知症は中等度でしたが、自分の思いをうまく伝えられるレベルではありました。これも、今回の対応が成功した要因と考えます。
このケア体験へ投票する。
投票を行うにはログインが必要になります。
投票した人の数:1人
1
このケア方法でうまくいった人
このケア方法ではうまくいかなかった人

SSLとは?