gon さんのケア体験

投稿日 2017年4月18日

徘徊・道迷い
検査入院中、病棟内を徘徊し、他の患者の部屋に入る。
本人の部屋の扉に目印をつけた上で、よく迷い込む部屋の扉に、本人の部屋は別の目印が付いている部屋だと知らせる張り紙を貼った。
うまくいった
一日中
病院
環境変化
  • 環境の改善
  • その他、または詳しく記載
     [ 病棟の構造上、患者さんが必ず通る場所があり、そこに張り紙をすることで、本人の部屋の目印に気づくようになった。 ]
1
その他、または詳しく記載
 [ 天気によらず起こった。 ]
入院、転居、介護サービスの追加や変更など生活の変化に関連すること
物忘れ
家族に関すること
迷い方のパターンを観察して、それに合わせた誘導を行うことでうまくいきました。
このケア体験へ投票する。
投票を行うにはログインが必要になります。
投票した人の数:5人
5
このケア方法でうまくいった人
このケア方法ではうまくいかなかった人

SSLとは?