たろうさんの投稿:ダメと言うと興奮する・・(第130報)

配信日: 2018年7月9日

皆さん、こんにちは。

この度の大雨は大丈夫でしたでしょうか。
皆さんや周囲の方が
ご無事であることを願います。

さて、本日は、81歳、女性、要介護3の
アルツハイマー病の方に関する
ケア体験をご紹介したいと思います。

「皮膚病変のある部位が痒いために、
掻いてしまっていたとのことです。
その時に、『ダメ』と言うと
興奮された」そうです。
そこで、「『ダメ』というのをやめ、
何も言わずに薬を塗るようにした」ところ
うまくいったとのことです。

「ダメ」という言葉だけで
興奮される可能性があるのですね。

特にご本人が、何故とがめられたかを
理解できない時には、
この「ダメ」という言葉が
ダイレクトにご本人の心に刺さってしまう
のではないかと思いました。

単純なことではありますが、
とても大切なことを、このケア体験は
教えてくれていると思います。

また様々な場面で応用可能な
対応法だと思います。
(不要な)「ダメ」という言葉を使用せずに、
冷静に対応する(本件の場合、薬を塗る
ことが大切なのですね。

「ダメ」という言葉を
使わなかったことによって
ケアがうまくいったご経験があれば
是非とも投稿をお願いします。

それでは、また来週。

数井裕光